陸上自衛隊朝霞訓練場

陸上自衛隊朝霞訓練場
©Tokyo 2020

【オリンピック】
実施競技:射撃

【パラリンピック】
実施競技:射撃

施設紹介

この陸上自衛隊朝霞駐屯地に隣接する訓練場では、1964年大会でもライフル射撃競技が行われました。現在も射撃の競技場・練習場として使用されている施設です。
大会時には、オリンピックの高い基準に適合した仮設施設が整備されます。

アクセス

通常のアクセス情報
  1. 東武東上線、東京メトロ有楽町線・副都心線「和光市駅」下車徒歩約30分
  2. 西武バス 泉33、泉37「大泉学園駅」から乗車、「長久保」下車徒歩約5分
  3. 西武バス 泉33、泉34「成増駅」から乗車、「長久保」下車徒歩約5分
  4. 西武バス 泉32「朝霞駅」から乗車、「新座総合技術高校」下車徒歩約15分


※公共交通機関をご利用ください。

大会時のアクセス情報(現時点での想定) 
東武東上線「朝霞駅」下車シャトルバス乗車
東武東上線、東京メトロ有楽町線・副都心線「和光市駅」下車シャトルバス乗車
都営大江戸線「光が丘駅」下車シャトルバス乗車
※公共交通機関をご利用ください。
※駅から会場までの所要時間は現在検討しています。
※駅は追加・変更の可能性があります。
※アクセシブルルートは「朝霞駅」「和光市駅」の利用を想定しています。

注意事項
・大会時には公共交通機関が混雑し、乗換案内の検索結果以上の所要時間を要することが見込まれます。また、駅から会場までの移動にも時間を要することが見込まれますので、余裕をもったスケジュールが必要となります。
・大会時は、通常の交通ルートとは違うルートの使用をお願いする可能性があります。

所在地

東京都練馬区大泉学園町九丁目4番

地図