2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-

2020年に向けた東京都の取組

東京都は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における、大会後のレガシーを見据えた2020年までの東京都の取組をまとめた「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」を策定しました。
2020年のその先を見据え、大会後に価値あるレガシーを残すための取組を着実に進めるとともに、不断に取組を進化させていきます。

  • レガシー:オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催により開催都市や開催国が、長期にわたり継承・享受できる、大会の社会的・経済的・文化的恩恵のことである。

お知らせ

平成28年4月12日
英語版 "Towards 2020 -Building the Legacy-"を作成しました。

平成28年1月22日
「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」PR版を作成しました。

平成27年12月22日
「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」を策定しました。

平成27年12月5日
平成27年11月20日から12月4日まで「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-(素案)」に対する都民の皆様からの御意見を募集しました。

2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-

以下リンク先のほか、都民情報ルーム(東京都庁第一本庁舎3階北側 平日9時~18時15分)で冊子をご覧になれます。

「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」本編

一括ファイル
全文 「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」本編
分割ファイル
表紙等 表紙・巻頭言・8つのテーマ・目的・3つの視点・2回目のパラリンピック
テーマ1 競技施設や選手村のレガシーを都民の貴重な財産として未来に引き継ぎます
テーマ2 大会を機に、スポーツが日常生活にとけ込み、誰もがいきいきと豊かに暮らせる東京を実現します
テーマ3 都民とともに大会を創りあげ、かけがえのない感動と記憶を残します
テーマ4 大会を文化の祭典としても成功させ、「世界一の文化都市東京」を実現します
テーマ5 オリンピック・パラリンピック教育を通じた人材育成と、多様性を尊重する共生社会づくりを進めます
テーマ6 環境に配慮した持続可能な大会を通じて、豊かな都市環境を次世代に引き継いでいきます
テーマ7 大会による経済効果を最大限に生かし、東京、そして日本の経済を活性化させます
テーマ8 被災地との絆を次代に引き継ぎ、大会を通じて世界の人々に感謝を伝えます
行動計画 2020年に向けた行動計画
用語解説等 用語解説・巻末

「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」PR版

全文 「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」PR版.pdf

Towards 2020 -Building the Legacy-(English)

FULL Towards 2020-Building the Legacy-.pdf

冊子の販売について

冊子は、本編のみ都民情報ルーム(東京都庁第一本庁舎3階北側)で販売しています。

「2020年に向けた東京都の取組-大会後のレガシーを見据えて-」
 本編:560円