輸送計画の状況

オリンピック・パラリンピック競技大会の開催は、都市運営にとって常に大きな挑戦です。輸送は、大会の成功に欠かせない要素であり、世界中からの数多くの選手、関係者、メディア、観客、観光客に対処していきます。
幸運にも、東京には世界有数の鉄道網があり、日々約2570万人の人々を運んでいます。これらのインフラ資産を利用すれば、東京は、素晴らしい大会運営ができると考えています。

基本的な考え方

  • 大会関係者(選手等)
    選手村~各会場間にオリンピック・ルート・ネットワークを設定し、「バス・乗用車」で輸送
  • 観客・会場スタッフ
    公共交通機関(鉄道・バス等)及びシャトルバスで輸送

画像:ロンドン・オリンピックレーン1

画像:ロンドン・オリンピックレーン2

      【参考:ロンドン大会のオリンピック・レーン】



      輸送運営計画

      輸送運営計画は、組織委員会及び東京都が、輸送に係る検討・取組状況について、関係機関と調整し、とりまとめた計画です。
      平成29年度にIOCへ輸送運営計画V1を提出し、平成30年度中に輸送運営計画V2の案を作成の上、平成31年度中にIOCの承認を得る予定です。

      輸送連絡調整会議

      東京都と大会組織委員会は、輸送連絡調整会議を開催して関係者と意見調整を図っています。

      交通輸送技術検討会

      東京都と大会組織委員会は、大会時の交通行動の見直しに関し、交通工学、物流等の学識経験者を中心に、専門的見地から検討を行っています。