よくあるお問い合わせ

オリンピック・パラリンピック準備局に寄せられるよくあるお問い合わせ・ご質問を掲載しています。

よくあるご質問

オリンピック・パラリンピックのボランティアにはどのようなものがありますか?

お答えします

大きく分けて2種類のボランティアを想定しています。
1つは、競技会場や選手村などで、競技運営や会場案内、大会関係者の輸送や警備などを行う「大会ボランティア」です。「大会ボランティア」は、運営主体である(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が募集や運用を行います。
もう1つは、主要空港やターミナル駅、観光スポットなどで海外から来る外国人観光客や日本の観光客に対し、観光案内や交通案内を行う「都市ボランティア」です。「都市ボランティア」は、開催都市である東京都が募集や運用を行います。

オリンピック・パラリンピックのボランティアの募集はしていますか?

お答えします

大会ボランティアの募集は2018年夏ごろを予定しています。都市ボランティアについては、詳細が決まりましたら当公式サイト等でお知らせします。

オリンピック・パラリンピックのマークを使用してもよいですか?

お答えします

オリンピック・パラリンピック関連のマークについては、無断で使用することはできません。使用に関しては、大会運営に関与している団体(大会スポンサー等)に限られています。
また、大会スポンサー等であっても、大会マークの使用にあたっては事前に(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会やIOC、IPC等からの使用許可が必要です。

東京2020大会マスコットはどのように決まりますか?

お答えします

東京2020大会マスコットのデザインは平成29年8月に公募を行い、2,042件の応募がありました。マスコット審査会などの審査を経て、最終候補3案の中から、小学生が学級単位の投票を行い、平成30年2月に大会マスコットのデザインが決定しました。(全国の小学校等16,769校が参加し、205,755学級が投票しました。)大会マスコットの正式なお披露目は今年の夏頃を予定しています。詳細は(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式サイトをご覧ください。

東京都、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の役割分担はどのようになっていますか?

お答えします

東京都は、大会後も利用される恒久の競技施設やインフラ整備など、2020年東京大会後を見据えた事業を担当します。(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、開・閉会式及び競技の運営、仮設施設の整備やチケット・グッズ販売など、大会開催準備・運営の核となる業務を行います。

オリンピック・パラリンピックのチケットはどこで売ってますか?

お答えします

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のチケットはまだ販売しておりません。東京2020大会オリンピック公式チケット販売の開始(日本国内向け)は、2019年春を予定しております。販売スケジュール・購入方法・券種・価格等については、決定次第、随時、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ウェブサイトでお知らせしてまいります。チケットに係る詳細は、組織委員会ウェブサイトをご確認ください。

オリンピック・パラリンピックのグッズはどこで売ってますか?

お答えします

東京2020公式オリジナル商品の販売に関するページをご覧ください。

オリンピック・パラリンピックはいつ開催するのですか?

お答えします

オリンピックの開催期間は2020年7月24日(金)~8月9日(日)、パラリンピックの開催期間は2020年8月25日(火)~9月6日(日)です。

1964年の東京オリンピックは10月開催だったが、2020年はなぜ暑い時季に開催するのですか?

お答えします

IOCにより、オリンピックは、7月15日から8月31日の間で開催することとされているためです。

オリンピック・パラリンピックのバッジはどこで手に入れることができますか?

お答えします

オリンピック・パラリンピックのバッジには、「東京2020公式オリジナル商品」のものと「東京2020大会広報PR用バッジ」とがあります。

公式オリジナル商品については、「東京2020公式オリジナル商品等の販売」に関するページでご案内しています。

東京2020大会広報PR用バッジについては、「東京2020大会広報PR用バッジ」に関するページでご案内をしています。