バレーボール(Volleyball)

【 競技会場 : 有明アリーナ潮風公園

  • 詳 細
  • 図 解
  • バレーボール

    ビーチバレーボール

    【概要】
    ※バレーボール
    コート 長辺18m×短辺9m
    ネットの高さ 男子:2.43m 女子:2.24m
    1チーム6人で2チームで対戦します。
    ネットを挟んで、道具を使わず、ボールを打ち合います。

    ※ビーチバレーボール
    コート 長辺16m×短辺8m
    ネットの高さ 男子:2.43m 女子:2.24m
    1チーム2人で2チームで、砂上で戦います。
    ネットを挟んで、道具を使わず、ボールを打ち合います。

    ここがポイント!

    バレーボールは、サーブからレシーブ、トス、アタックという一連のスピード感あふれるチームプレーが何といっても魅力です。また、難易度の高いボールコントロールや連携のとれたチームプレーが勝敗の分かれ目となります。
    ビーチバレーボールは、砂上で行う種目であり、砂、風という不規則な環境で行うので、バレーボールとは全く違う種目です。広いコートをたった2人で守るので、砂上で体を張ったプレーが見どころの一つです。

    歴史

    バレーボールは、1895年にアメリカで考案されました。アメリカで考案されたにも関わらず、アメリカ以外の国でポピュラーなスポーツとして人気を集めました。
    バレーボールがオリンピック競技になったのは、1964年東京大会からで、この大会で優勝した女子日本チームは当時「東洋の魔女」と呼ばれ、その強さが世界に知られることとなりました。
    バレーボールの新しい種目「ビーチバレーボール」は1980年代以降には、世界的にポピュラーなスポーツとして認識されてきました。1996年アトランタ大会で正式種目となりました。

    詳細事項

    (2017年6月9日 IOC発表)

    男子女子
    種目 ビーチバレーボール ビーチバレーボール
    バレーボール バレーボール
    用具

    【バレーボール】

    • ボール
      円周65-67cm 重さ260-280g

    【ビーチバレーボール】

    • ボール
      円周66-68cm 重さ260-280g
    主なルール

    【バレーボール】

    • 3セット先取の5セットマッチ(ラリーポイント制)
    • 1セットは25点(第5セットに限り15点)先取。
    • 24-24(第5セットは14-14)となった場合(デュース)は、どちらかが先に2ポイントの差をつけるまでそのセットは続ける。
    • チームはネットを越えてボールを返すために最大で3回(正当なブロックは1回として数えない)ボールに触れることができる。1回目のレシーブやブロックの場合を除き、競技者は連続して2回ボールを打つことはできない。
    • 各セット終了後、コートを交代する。第5セットのみどちらかが8点取得した時点で交代する。

    【ビーチバレーボール】

    • 2セット先取の3セットマッチ(ラリーポイント制)
    • 1セットは21点(第3セットに限り15点)先取。
    • 20-20(第5セットは14-14)となった場合(デュース)は、どちらかが先に2ポイントの差をつけるまでそのセットは続ける。
    • チームはネットを越えてボールを返すために最大で3回(ブロックのワンタッチは1回に数える)ボールに触れることができる。
    • 第1、第2セットは両チームの合計点が7の倍数になるごとに、第3セットは5の倍数ごとにコートスイッチを行う。
    • 控えの選手はいない。

    広報東京都コラム記事へ

  • バレーボール