「ヘリテッジゾーン&東京ベイゾーン」とは

ヘリテッジゾーン&東京ベイゾーン

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、選手村を起点とした2つのゾーンを中心に開催されます。1964年東京大会のレガシーが残るヘリテッジゾーンでは、1964年大会でも会場となった国立代々木競技場や日本武道館などの会場が使用され、未来の都市開発モデルである東京ベイゾーンでは、夢の島公園や潮風公園といった人々の憩いの場が競技会場として使用されます。
(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページより転載)