東京2020参画プログラムイベント紹介

  • 2016年度
  • スポーツ・健康
  • 街づくり
  • 持続可能性
  • 文化
  • 教育
  • 経済・テクノロジー
  • 復興
  • オールジャパン・世界への発信
  • 23区内
  • 東京都外

復興

カテゴリ 期間 イベント名 事業内容 開催場所
復興
東京都外
2016/4/1

2017/3/31
2020年東京オリンピック・パラリンピック強化支援対策事業

競技団体等から推薦のあった宮城県ゆかりの選手について、「みやぎアスリート選考員会」において選考の上、「みやぎアスリート2020」として指定書を交付する。
また、指定された選手のうち、一定の条件に該当する選手に対し、強化活動に係る経費や国際大会参加に係る経費を補助する。

宮城県庁
復興
東京都外
2016/4/1

2017/3/31
ふくしまからはじめよう。「地域のたから」民俗芸能承継事業

(1)「地域のたから」民俗芸能承継公演事業
民俗芸能の担い手の意欲を高め、存続の危機にある民俗芸能の承継・発展を図るため、発表の機会となる「ふるさとの祭り」を開催する。
(2)「地域のたから」民俗芸能復興サポート事業
活動継続が困難となった民俗芸能保存団体の活動再開・継続・発展を図るため、専門家派遣による地区説明会、個別訪問、若手育成研修など、各保存団体の実情に応じた総合的な支援を行う。

(1)白河市立図書館特設会場
復興
東京都外
2016/10/1

2017/3/31
被災地支援事業(アスリート派遣事業)

被災県にトップアスリートや一流指導者を派遣し、子供達を対象にしたスポーツ教室などスポーツ交流を行う。

石巻市 等
復興
東京都外
2016/10/1

2017/3/31
A Bright Tomorrow Through Sport 「あしたへ、スポーツとともに」(継続的被災地支援プログラム)

(1)神戸招待プログラム
被災した子どもをアシックススポーツミュージアムやアシックススポーツ工学研究所などに招待し、スポーツの楽しさや復興後の神戸に触れることで活力を取り戻してもらう活動
(2)hand to handプログラム
2011年4月時点で18歳以下の両親を亡くした震災孤児を対象者として、満19歳を迎えるまでの間、主にウエアやシューズなど当社スポーツ用品を毎年継続的に提供していく活動
両親を失った事で、スポーツが続けられなくなったりしないように支援するもの
(3)スポーツ選手訪問プログラム
著名なアスリート(現役や元選手)を派遣し、直接指導を受けることで技能を向上させたり、スポーツの楽しさを感じてもらったりする事で、スポーツに関わっていくきっかけを提供する活動
(4)健康運動支援プログラム
被災地域を訪問し、健康支援のための運動指導やイベントを展開する活動

長沼フートピア公園
復興
23区内
2017/3/4

2017/3/31
パナソニックセンター東京 みんなで復興応援!

復興支援応援イベントを実施する。
「耐震、免震、制震などの構造工作」を通じて学ぶワークショップ
東日本大震災の避難所で製作された「ファイト新聞」制作ワークショップ
熊本地震研究者による防災ワークショップ、写真展
手作りソーラーライト教室
映像「きっとわらえる」上映
パナソニック防災用品展示
防災サイエンスショー
風力発電・手作りネックライト制作教室
Technics復興支援 特別試聴会 等

パナソニックセンター東京 ホール