東京2020参画プログラムイベント紹介

  • 2016年度
  • スポーツ・健康
  • 街づくり
  • 持続可能性
  • 文化
  • 教育
  • 経済・テクノロジー
  • 復興
  • オールジャパン・世界への発信
  • 23区内

街づくり

カテゴリ 期間 イベント名 事業内容 開催場所
街づくり
23区内
2016/8/1

2019/5/31
東京2020大会競技会場整備(アーチェリー会場)

夢の島エリアににアーチェリー会場を整備し、アーチェリーを中心に、都民・公園利用者にとって、様々なスポーツの場とする。
主要な競技大会の会場に利用されたり、アーチェリーの普及・強化の拠点として活用されたり、多様な活用を見込む。

夢の島二丁目(都立夢の島公園内)
街づくり
23区内
2016/8/10

2017/3/31
オリンピック・パラリンピック施設周辺道路電線共同溝整備工事その1

電線共同溝整備工事延長 長さ(L)=349m

オリンピック・パラリンピック競技大会開催の前年(平成31年度)までに、競技施設周辺道路の無電柱化事業として、平成28年度は電線共同溝本体工事を行う。

幹線一級7号
街づくり
23区内
2016/8/10

2017/3/31
オリンピック・パラリンピック施設周辺道路電線共同溝整備工事その2

電線共同溝整備工事延長 長さ(L)=625m

オリンピック・パラリンピック競技大会開催の前年(平成31年度)までに、競技施設周辺道路の無電柱化事業として、平成28年度は電線共同溝本体工事を行う。

幹線一級7号
街づくり
23区内
2016/12/7

2020/12/7
東京都帰宅困難者対策条例説明会

2020年に向けて東京の都市防災力を一層強化させるべく、東京商工会議所会員をはじめとした都内事業者とその従業員に、帰宅困難者対策条例への理解と企業における帰宅困難者対策の推進を目的として、説明会を開催する。
日時:2016年12月7日(水) 午前10時30分~正午
場所:東京商工会議所 会議室7
内容:「東京都帰宅困難者対策条例」について
   都内事業者、都民に対する努力義務/事業者が取るべき対策 等
講師:東京都総務局総合防災部防災管理課 統括課長代理(防災事業推進総括担当) 石橋和之氏

丸の内2-5-1
街づくり
23区内
2016/12/9

2020/12/9
世界に誇る都市型総合港湾・東京港を体験する

東京都港湾局の視察船「新東京丸」に乗船し、コンテナふ頭やオリンピック・パラリンピック会場予定地など、東京港の現状を海上から視察する。また、視察船「新東京丸」に乗船し、コンテナふ頭における物流の最新状況、クルーズ客船の誘致や臨海副都心のMICE拠点化、東京港の将来について理解を促進する。
場所:東京港(集合:竹芝小型船ターミナル)
講師:東京都港湾局広報担当課長 西平倫治氏、同局港湾営業専門課長 山田実氏
参加費:無料
定員:60名

丸の内2-5-1
街づくり
23区内
2017/1/1

2019/12/31
東京2020大会競技会場整備(有明アリーナ)

有明北地区にバレーボール、車椅子バスケットボールの競技会場を整備する。
大会後は、国際大会を含むスポーツ大会や各種イベントなどに利用できる新たなスポーツ・文化の拠点となる施設とする。

有明一丁目
街づくり
23区内
2017/3/16

2020/12/31
声かけ・サポート運動

高齢者や子ども、妊婦、子ども連れの方、障がい者、外国人等を社会全体で見守り支え合う機運を醸成するために、全国515商工会議所が推進する活動。街なかなど様々な場面で困っている人に気付いた際に積極的に「声かけ」を行うことで、誰もが安心・安全、快適に暮らし過ごせる地域社会の実現に貢献する。

丸の内2-5-1東京商工会議所ほか