TEAM BEYOND×WOWOW 大学連携プロジェクト「PARA-SPORTS ACADEMY」開始

2017年5月24日

東京のスポーツ

東京都は、株式会社WOWOW()と連携して、大学生を対象にパラスポーツやパラアスリートの魅力を発信する新たなプロジェクトを下記のとおり実施しますので、お知らせします。

本プロジェクトは、株式会社WOWOWが制作する世界最高峰のパラアスリートに迫るドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM()()()」を活用し、パラアスリートの姿を通じて、パラスポーツや障害者に対する理解を深めるとともに、共生社会の実現に向けた自らの関わりを考える講義を、様々な大学で展開するものです。

都は、このプロジェクトも含め( )、障害者スポーツが2020年以降も社会に根付く土壌をつくる取組を進めていきます。

プロジェクト名称

TEAM BEYOND×WOWOWPARA-SPORTS ACADEMY

実施予定

第1回 早稲田大学

(新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス15号館203教室)

日時:5月25日(木) 10:40~12:10

授業科目:「国際開発援助 理論と実践」

テーマ:「パラスポーツと開発・平和」

対象:早稲田大学学生

第2回 立教大学(会場につきましては、改めてお知らせします)

日時:6月23日(金) 10:45~12:15

授業科目:「2020年パラリンピック支援を考える」

テーマ:「パラリンピックを契機とした障害者スポーツ支援」(仮)

対象:立教大学学生

※第3回以降については調整中

「TEAM BEYOND」について

パラスポーツ(障害者スポーツ全体を指して使用しています。)を盛り上げるため、東京都が昨年度から展開しているプロジェクトです。スポーツをする人も、観る人も、支える人も、あらゆるメンバーが一つのチームとなってパラスポーツを盛り上げていきます。

「WHO I AM」について

株式会社WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)が共同で立ち上げた大型ドキュメンタリーシリーズ。パラリンピック・リオ大会が開催された2016年から、東京大会が開催される2020年まで5年にわたり、世界最高峰のパラアスリートに迫る。幕明けとなった2016年は、ダニエル・ディアス(ブラジル/水泳)、タティアナ・マクファデン(アメリカ/陸上競技)、サフェト・アリバシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/シッティングバレーボール)、エリー・コール(オーストラリア/水泳)、ザーラ・ネマティ(イラン/アーチェリー)、リカルディーニョ(ブラジル/ブラインドサッカー)、マールー・ファン・ライン(オランダ/陸上)、国枝慎吾(日本/車いすテニス)と、パラリンピックメダリスト8人が登場した。勝負の世界でも人生においても自信に満ちあふれる彼らが放つ「これが自分だ!」という輝きは、見る者を強烈に引き付ける。彼らが持つ物語と、運命のリオまでの軌跡を描く。