ホーム > 参考資料等 > 「やさしい日本語」について

「やさしい日本語」について

「やさしい日本語」とは

「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人にもわかりやすい日本語のことです。

1995年1月の阪神・淡路大震災では、日本人だけでなく日本にいた多くの外国人も被害を受けました。その中には、日本語も英語も十分に理解できず必要な情報を受け取ることができない人もいました。

そこで、そうした人達が災害発生時に適切な行動をとれるように考え出されたのが「やさしい日本語」の始まりです。そして、「やさしい日本語」は、災害時のみならず平時における外国人への情報提供手段としても研究され、行政情報や生活情報、毎日のニュース発信など、全国的に様々な分野で取組が広がっています。

世界には、多くの言語があります。すべての外国人に対して母語で情報を伝えることが一番理想的ですが、現実的には不可能です。そこで、言語の選択という問題が生じます。

多言語対応協議会では「多言語対応の基本的な考え方」を2014年に定め、「日本語+英語及びピクトグラムによる対応を基本としつつ、需要、地域特性、視認性などを考慮し、必要に応じて、中国語・韓国語、更にはその他の言語も含めて多言語化を実現」とし、取組を進めています。

しかし、言語の中でも難易度があるため、とりわけ、多くの外国人が理解できる日本語においては、できるだけわかりやすい情報発信(「やさしい日本語」)が求められています。

<参考>

世界には、137の国・地域において、約365万人の方々が日本語を学習しています(国際交流基金 2015年度「海外日本語教育機関調査」)。
また、定住外国人が理解できる言語として、「日本語」は62.6%、「英語」は44%という調査結果が国立国語研究所より示されています。日本に定住する外国人は、約230万人(2016年法務省統計)で、訪日外国人と共に増加傾向です。

今、期待を集めている「機械翻訳」においても、いったん分かりやすい日本語に直してから外国語に訳した方が意味の通る訳文になります。「やさしい日本語」は、そのような効果も期待されます。

「会話」で伝えるときだけでなく、看板等の「表示」によって伝えるときも同様です。相手に外国語で伝えたい内容は、わかりやすい言葉から考えることによって、より伝わるものとなります。

そのように「やさしい日本語」を基本に置くことで、正しい外国語の表現にもつながっていきます。

東京2020大会後のレガシーとして「多文化共生社会の実現」を見据えて取り組む上で、多言語対応の一つの手段として「やさしい日本語」を広めるために、以下に「やさしい日本語」情報をまとめました。ご活用ください。

災害時の情報提供としての「やさしい日本語」

弘前大学の佐藤和之教授の研究グループでは、行政やボランティア団体による外国語支援が始まるまでの概ね72時間の情報伝達を目的として、災害時に音声や掲示物で適切に伝えることのできる「やさしい日本語」を研究しています。さらに、生活情報を伝えることを目的とした「やさしい日本語」研究にも取り組んでいます。

 詳しくは下記のウェブサイトをご覧ください。

弘前大学人文学部社会言語学研究室別ウィンドウ

平時の情報提供としての「やさしい日本語」

一橋大学の庵功雄教授の研究グループでは、以下の3つの観点からの「やさしい日本語」を研究しています。

  1. 初期日本語教育の公的保証のための「やさしい日本語」
  2. 地域社会の共通言語としての「やさしい日本語」
  3. 地域型初級としての「やさしい日本語」

 詳しくは下記のウェブサイトをご覧ください。

「やさしい日本語」科研のホームページ別ウィンドウ

庵 功雄のホームページ別ウィンドウ

観光のツールとしての「やさしい日本語」

インバウンド対応に「日本語学習者」の視点を導入し、「やさしい日本語」を観光など他の分野で活用する動きがあります。日本の文化を「やさしい日本語」で伝える地方創生に取組む自治体も出てきました。

 詳しくは下記のウェブサイトをご覧ください。

やさしい日本語ツーリズム研究会別ウィンドウ

福岡県柳川市 やさしい日本語ツーリズムコンソーシアムが発足別ウィンドウ


「やさしい日本語」の資料

全国の事例

システム

  • やんしす別ウィンドウ
    「やんしす」 (YAsashii Nihongo SIen System)では、入力された文について、外国人に代わって「どこがわかりにくいか」を指摘します。できるだけ指摘が少なくなるように 文を書き換えていけば、最終的に「やさしい日本語」ができるという仕組みです。
  • 日本語読解学習支援システム リーディング チュウ太別ウィンドウ
    「リーディング チュウ太」は、読解に役立つ各種のツールと読解教材を統合した学習支援サイトです。ウェブ画面上のテキストボックスに文章を入力し、辞書機能やレベル判定機能などの各種機能を使用できます。

多言語対応協議会ポータルサイト内「やさしい日本語」記事・資料

多言語対応協議会